2016.5.4.(祝) 恵比寿初級バーベキューインストラクター検定

(筆当番・大野です)

2016年5月4日、恵比寿ガーデンプレイスで初級バーベキューインストラクター検定が行われました。

会場にはグランピングのテントが設置されているようなオシャレ空間でした。

こんな東京のど真ん中でもバーベキュー検定が出来るなんて幸せなことですね(^_^)

受検者は全部で43名でした。

素敵な座学の会場で

始まりの挨拶はいつもの「こんな素敵な検定なのに関東検定が少なくて悔しかったから、自分でどんどん開催したかった」という想いを語りました。

会長のご紹介。いつものようにかっこいいですねー(BBQの恰好している時は)

焼ける前の1品も気張りましたよ。和牛のローストビーフのカナッペ。バターを塗ったら味が台無しになり先輩に怒られました(^_^;)

本来60分の座学は、最近では75分がレギュラーになっているそうです。おしゃべりながいからね…。だけど会長のトークは本当に面白い。知らなかった(@_@)!のびっくりが満載で知的レベルがぐーんとアップすること間違いなしですから眠くなる暇がありません!

座学が終わると試食が待ち遠しい実技の始まりです。

だけどBBQはすぐには食べられません。まずはスマートな火起こしからです。

分厚いステーキを焼くのも沢山のポイントがあります。

野菜だって炭にしません。みずみずしく焼き上げるポイントがあります。

鶏肉は牛肉と同じようには焼けませんよ。炭の配置・焼く時間、ポイント満載です。

BBQ串って迫力もあるしカラフルで素敵だけど、どうやって美味しく焼きましょうか。

どうせなら楽しそうなBBQシーンを写真に残したいけど、ベストな写真タイムっていつなの?

最近はやっているシュラスコってどうやって食べるのかしら。

炭火焼のパンなんて贅沢!

焼き目がつくとこんなに見た目がよくなるなんて素敵ですね(=^・^=)

フルーツだって焼きます!

こんなふうに楽しい実技はあっという間に終わってしまいます。

皆さん一旦、座学会場で筆記試験を受けていただきます。

座学が終わるとエンドバーベキューのマシュマロを焼きます。マシュマロも美味しく焼くコツがあるんですねぇ。

これで終わりと思った楽しいBBQ 検定ですが、この後にビックサプライズ!

バックリブ~

なんて美味しそうなんでしょう!この迫力!!

豚も長時間かけると柔らかく美味しく焼けるお肉です。陰でひっそりとLow & Slow (低い温度で長時間)焼いたバックリブは至極の美味しさです。

協会認定のラブとタレも豚肉によくマッチングしますね(^_^)

全体の集合写真を撮ったら

終了です。

43名の受検者の皆さん、お疲れ様でした。

今年のBBQでは「こんなBBQ焼けるよ!」ってスマートバーベキューにチャレンジする人が増えると良いなと思っています。

また、一度習ったことが「次に出来るようになっている」なんてことは絶対にありません。

この日得た知識が皆さんの技術に変わるまで、いったい何度の練習が必要でしょうか。

今後の検定では、新たにインストラクターになる皆さんも積極的に参加してください。検定サポートはスマートバーベキューの練習にもなるし得た知識の再確認にもなるので、どんどんスキルアップにつながりますよ(^_^)

受検者の皆さんとはまた、別のスマートバーベキュー会場でもお会いできると良いなーと思いながら、無事に検定遂行出来てホッとした大野でした。